太陽光発電の廃棄物とは何か?

廃棄物の中で大きな割合を占めるのが、使用済みとなった太陽光モジュールである

太陽光モジュールとは、太陽光エネルギーを電気に変えるパネルのこと。
太陽光モジュール以外にも、太陽光モジュールを支えるアレイ架台や配線の材料なども廃棄物として考えられる

 

太陽光発電投資では賃貸終了時での撤去の必要性

土地を借りた太陽光発電投資では、土地の賃貸期間が終わるときに撤去する必要があるため、この場合も廃棄の必要性が出てくる。

廃棄物の処理方法

太陽光設備の廃棄物は、中間処理業者によって産業廃棄物として処理される。

廃棄物は粉砕・選別され、太陽光モジュールのガラスやアレイ架台に使われた金属などはリサイクルに、それ以外の廃棄物は埋め立てられる。

当社では廃棄物としてカンボジアに輸出、カンボジアのグループ会社によりリサイクルします

環境省では将来的に起こり得る太陽光発電設備の大量廃棄に備えて、リサイクルの推進に向けたガイドラインを制定している。ガイドラインでは撤去方法から、リユース・リサイクルの方法などについて取りまとめられている。

廃棄費用は資本費の5%と想定されており、20年間の売電収入で廃棄費用をまかなう設計になっている。制度上では廃棄費用が捻出できない事態は起こりづらいと考えられる。

定価格買取制度に認定されるための事業計画で、廃棄費用や積立額の記載を求められている。20年間の売電収入で廃棄費用はまかなえるという想定になっているが、現在は売電収入が想定を大幅に下回ったり、廃棄費用が高騰しているので、それが厳しくなっている。

JPビルドでは廃棄物を海外輸出すことにより低価格での撤去費用が可能となり事業者の負担軽減が可能となる。